飼育とは難しいもので

うちの会長が保護された当日の写真です。

天使のような可愛さと儚さ。私がこの子を守らずして、何のための人生か?

ニャンが我が家に来てからというもの、私の飲み歩く回数が激減し、仕事は極力フェイドアウトし、光の速さで帰宅したのは言うまでもありません。
時には「知人のハトコの異母兄弟が脱腸で入院したので見舞いに行くと」偽り、月に二日は、朝から晩までニャンをモフり続けておりました。

ニャンが来てから、私の生活は一変しました。
寝ても覚めてのニャン。
食前食後にニャン。
万物の根源はニャン。

蝶よ花よと溺愛し、ニャン会長は、この世のものとは思えないくらい、素晴らしくも愛くるしいネコに育ちました。
ニャンの瞳は澄んだグリーンで、電圧は10000ボルトを軽く超えています。私に全幅の信頼を寄せ、身も心もすべてを委ねた世界最上級のまなざしは、愛に満ち満ちており、神様から贈り物というべき眩さです。

 

何をどこで間違えたのか、、、、、、、、、、。

未だにまったく分かりませんが、私はとにかく幸せです。
そしてニャンは、間違いなく最愛のネコです♪

NO CAT, NO LIFE !!

 

シェア:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。