幼いころの会長

大和屋は、株式会社大和が運営していまして、株式会社大和の会長はネコです(笑) 4年前に就任しました。そんな会社なので、キャットシッター事業を始めるようと思った際、会長の理解もスグに得られました。「ネコの役に立つとは感心だニャ!」。いい会長です。

会長は知人に拾われました。車の下でニャーニャーと鳴いていたそうです。正しくは、鳴き疲れ声も枯れ、ほとんど声にならないようなか細い鳴き声だったそうです。どこかで擦れたのか、片目が塞がっていたそうです。命に貴賤はないはずですが、衰弱しきった片目の仔猫を保護するのは、それ相応の覚悟が要ることでしょう。知人には、とても感謝をしています。即日、動物病院に連れて行ってくれたのも素晴らしい判断でした。

幸い、眼球および目の上のキズは大したことがなく(瞼のキズと、血膿などで塞がっていただけ)その日のうちに目もぱっちりと開いたそうです。グリーンの綺麗な瞳です。(写真の右目、僅かですがショボショボしています)

今では、最高幹部としての威厳たっぷりですが、保護された時は生後二週間くらいでしょうか、とてもかわいいです。私の家に来て、会長に就任したのはその約2か月後なので、この時期の写真はとても貴重です。皆さんも、特に仔猫の頃の写真は、多目に撮っておかれることをオススメいたします♪

シェア:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。